本文へ移動

基本方針

「社会福祉法人 大阪水上隣保館」基本理念

社会福祉法人大阪水上隣保館は、キリスト教の隣人愛の働きである
「援助を求める人いるならば、手を差し伸べる」
を理念とする。

「弥栄の郷」理念・基本方針

弥栄の郷は、憲法11条の「基本的人権」、13条の「個人の尊重及び幸福追求権」、25条の「生活、社会福祉、社会保障の向上、増進」を基本方針の背景とし、また法人理念を追求するため
 
さしい気持ち
がおを増やし
ぞみを叶える
ーびす提供
っておきの人生を
 
を理念と定める。
弥栄の郷は、施設サービス計画に基づき、可能な限り、在宅における生活への復帰を念頭におき、入浴、排泄、食事の
 介護、相談及び助言、社会生活上の便宜の供与その他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養上の介護
 を行うことにより、入居者がその有する能力に応じ、自立した日常生活を営むことができるように目指す。
弥栄の郷は、入居者の意思及び人格を尊重し、常に入居者の立場に立ち、サービス提供に努める。
弥栄の郷は、明るく家庭的な雰囲気を有し、地域や家庭との結びつきを重視した運営を行い、市町村、居宅介護支援
 事業者、居宅サービス事業者、他の介護保険施設その他の保健医療サービスまたは福祉サービスを提供する者との
 密接な連携に努める。
☆更に、在宅復帰を目指しサービスを提供するという使命の傍ら、現実的には、終の棲処としての機能を有する事から、
 尊厳を重視した関りを大切にし、“弥栄の郷で良かった”と感じて頂けるよう、全力で関わらせて頂く。
2020年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
TOPへ戻る